看護学科の紹介

看護学科

教育目標

看護学科風景
  • 生命の尊厳を理解し、人間を個人として尊重できる、豊かな心を養う。
  • 看護の対象者を総合的に理解し、健康上の問題を解決する能力を養う。
  • 保健医療福祉チームの一員としての役割を理解し、社会の変化に対応しうる基礎を養う。
  • 社会人としてのマナーとコミュニケーション能力を身につけ、人間関係を大切にする態度を養う。
  • 自主的に学習を継続する態度を養う。
  • 看護を実践するために、自己の看護観を確立していく態度を養う。

近代の高度化した医療技術における診療の補助業務のみならず、患者さんの心の不安や苦しみを癒し、自立を助けるための生活管理やお世話を行う看護師。
病院・診療所・福祉施設・保健所等で活躍できるほか、保健師・助産師への道もひらけます。

カリキュラム

  • 基礎分野
  • 専門基礎分野
  • 専門分野1
  • 専門分野2
  • 統合分野
合計

※授業科目など、詳しくは学校案内(パンフレット)をご覧ください

主な授業内容

  • 基礎看護学

    人間のライフサイクルにおける健康の意義、保健医療における看護の役割について理解し、看護行為の基礎となる知識・技術・態度を習得する。

  • 成人看護学

    成人期にある対象の特徴と健康の保持増進の重要性を理解し、疾病を持った成人期にある人の看護について学ぶ。

  • 老年看護学

    老年期にある対象と家族および支える人々を理解し、加齢と健康障害の程度に応じた看護に必要な知識・技術・態度を習得する。

  • 小児看護学

    小児各期の特徴と小児の生活環境を理解し、小児の成長発達に応じた看護と疾病を持つ小児とその家族に対する看護について学ぶ。

  • 母性看護学

    人の持つ種族保存の機能とその意義、母性保健活動における看護の役割を理解し、妊婦・産婦・褥婦及び新生児の看護について学ぶ。

  • 精神看護学

    人間の心と健康と精神保健活動における看護の役割を理解し、心のバランスを崩している人々とその家族に対する看護について学ぶ。

  • 在宅看護論

    在宅で療養する人々とその家族が望む生活の質を維持向上させることを目的とした看護活動を学ぶ。

  • 看護の統合と実践

    既習の知識・技術を統合し、看護の対象を総合的にとらえ、一人ひとりのニーズに合った看護を提供できる基礎的能力を身につける。


▲ページTOPへ