学院概要

四万十の豊かな自然の中で慈愛の心を持った看護師を養成します。
学校法人 育英館 四万十看学院
〒787-0771
高知県四万十市有岡字石場2252-1
入試課
【TEL】0880-31-1340 【FAX】0880-31-1350
【E-mail】post@shimanto-kango.ac.jp
学校法人 育英館グループ
法人本部
京都市伏見区深草鞍ヶ谷45-5

理事長ご挨拶

理事長 松尾 英孝

みなさんは、「看護師」と聞くと、どんな人だと思いますか。私は、しっかりしていて、明るくて、声が大きくて、いつも笑顔の人を想像します。あるいは、忍耐強く、言葉は少ないけれど、ちゃんと周りへの気配りができる人かもしれません。なぜ、看護師という仕事は、こんなにイメージがいいのでしょう。それは、確かな看護学の知識に加えて、人間としての内面が信頼されているからです。

社会は少子高齢化が進み、医療人材の育成が急務となっています。うれしいことに、看護の道に進みたいという若い人は、少なくありません。特に、女性にとっては、看護師や保健師、助産師といった特殊な技能を持つ仕事は、一生続けられるので、非常に人気があります。一方、このような仕事は、知識や技能さえあれば勤まるというものではありません。患者さんや妊婦さん、お年寄りの方は、看護師のちょっとした言動で、うれしくなったり、癒されたりするものです。

この学校は、看護の専門知識だけでなく、豊かな心を持った看護師を養成することを目標としています。学生には、美しい自然に囲まれて、同じ志を持った仲間とともに、学校生活を謳歌してほしいと思います。そして、将来は地域のみなさまに奉仕する、一人前の看護人材として、大いに活躍してくれることを期待します。

校長ご挨拶

校長 日下 康史

四万十の大自然の中で、心豊かな看護人材を育成する。それが四万十看護学院の理想です。四万十の学生は、学びながら地域の暮らしを自ら体験することになります。それは、教室では学べない大切なことです。また、ここで出逢った仲間は、一生の友人になるでしょう。この学校での3年間は、みなさんにとって貴重な時間となるはずです。どうか、学問だけでなく、人間の内面を磨くよう、毎日を大切に学生生活を送ってください。


▲ページTOPへ